メッセージが正しく表示されない場合は、こちらをクリックしてください。
load images
EMSAニュースレター ‐ 2016年12月チューリッヒ - www.motorsystems.org

ご購読者の皆さま 

モータシステムアネックス(EMSA)ニュースレターの最新号をお届けします。本ニュースレターの購読者数は、世界74か国で4,289人に達しました。
イベント
EEMODS'17
モータシステムのエネルギー効率に関する次回の国際会議が、2017年9月6日~8日にイタリアのローマで開催されます。論文募集(CFP)は終了しました。

詳細は www.eemods17.org をご覧ください。


産業のエネルギー効率に関するACEEE夏季研究
次回のACEEE産業夏季研究が2017年8月15日~18日に米国コロラド州デンバーで開催されます。論文募集(CFP)は終了しました。

詳細はこちらをご覧ください。

モータサミット2016
モータサミット2016(MS'16)が、2016年10月11日と12日にスイスのチューリッヒで開催されました。MS'16の運営委員会は、素晴らしい功績をあげた以下の3名にMS'16賞を授与しました。
  • ダニエル・E・デラニー(Daniel E. Delaney)
  • アンドルー・バグハースト(Andrew Baghurst)
  • ジョン・マリノフスキ(John Malinowski)
すべての情報、会議資料、写真は www.motorsummit.ch をご覧ください。
ニュース
IEC 60034-30-2: 可変周波数で動作するモータの効率クラス
投票で賛成を得て、2016年12月8日に技術仕様書(TS)として公表されました。

IEC 61800-9-2: コンバータおよびコンバータ付きモータの試験方法および効率クラス
国際規格の最終法案(FDIS)が作成されました。第1版として2017年の公表が想定されています。2016年10月に開催されたチューリッヒの会合で、第2版で明確にすべき議題のリストが作成されました。

ACEEEのエネルギー効率指針草案
IECエネルギー効率諮問委員会(ACEE)は、2016年12月にフランスのパリで会合を開き、最新の草案に対するコメントのレビューを行う予定です。本指針は、TC2内の規格立案者を対象としており、特定の分野へのエネルギー効率の導入方法が示される予定です。
  • IEC指針118、第1版:エネルギー効率面を電気技術公報に盛り込むこと
  • IEC指針119、第1版:エネルギー効率公報の作成、ならびに基礎エネルギー効率公報およびグループエネルギー効率公報の利用。
 詳細はwww.iec.ch をご覧ください。

欧州連合のエコデザインの最新情報
  • ファン指令327/2011の改定: 2015年3月、ファンレビューがVHKにより作成されました。最後の諮問フォーラム会議が2015年4月30日にブリュッセルで開催され、改訂作業が順調に進んでいます。詳細はwww.fanreview.euをご覧ください。
  • モータ指令640/2009の改定:2014年のAnibal de Almeidaらによる最終予備スタディの発表および2014年9月の諮問フォーラム会議以降、新たな文書は今のところ公開されていません。
  • 送水ポンプ指令547/2012の改定:改定、およびロット28および29のポンプに関する予備スタディの結果についての最終進捗報告書が、2015年12月にVHKおよびViegand Magøeによって発表されました。詳細はwww.ecopumpreview.euをご覧ください。
  • コンプレッサ:最初の作業文書が2014年10月23日に諮問フォーラムに提示されました。2017年4月まで行われる予定のVHKによる第2回技術研究では、低圧およびオイルフリーの使用範囲の評価を行っています。中間報告書草案は2016年3月31日に公表されています。詳細はwww.eco-compressors.euをご覧ください。
  • 循環ポンプ指令641/2009の改定:VHKおよびViegand Magøeによって作成された草案が、2016年11月にブリュッセルで開催された利害関係者会議で議論されました。
    詳細はwww.ecocirculatorsreview.euをご覧ください。

エコデザイン規則の行き詰まりについての懸念
モータサミット2016の運営委員会は、欧州委員会のユンケル委員長への書簡の中で、モータ、ポンプ、ファン、コンプレッサの分野でのエコデザイン規則につき引き続き努力をするよう要請しました。これに対する、ユンケル委員長の代理のポール・ホドソン氏(Paul Hodson)からの返信では、委員会はそれらの製品グループの規制を前進させるためにいっそうの努力をしており、委員会側で法案に進む準備が整い次第利害関係者に知らせると表明しています。

ユンケル委員長への書簡

ポール・ホドソン氏からの返信


米国が規則を改訂すべての規則制定に関する概要

    エネルギー効率モータの研究開発に対する米国の資金提供
    米国エネルギー省は、13のプロジェクトに対して2,500万米ドル近くの資金提供を行うと発表しました。これらのプロジェクトの目的は、応用研究および開発を通して、モータ要素の効率の費用対効果を高め、性能を向上し、重量を抑えることで、エネルギー効率モータの技術を促進させることです。

    詳細はこちらをご覧ください。

    カナダ:米国の小型モータ規制との整合化
    2016年11月29日、カナダの天然資源省(NRCan)は、追補14(Amendment 14)を発表しました。追補14は、カナダで販売・使用されている小型モータに対する米国エネルギー省の小型モータ規制を追加する形で、NRCanのモータ規制を整合化するものです。この小型モータ規制には、NEMA規格フレーム42、48、56、1/4~3 HP、2極、4極、6極の単相および三相の汎用開放モータが対象として含まれています。本規制はカナダ官報(Canada Gazette)での公表後、2017年春に発効されます。

    詳細はこちらをご覧ください。

    中国
    中国は、リファービッシュされた中型・小型モータを、モータ用の中国エネルギー効率ラベルに加えました。この規則により、リファービッシュされたモータは、GB 18613-2012のエネルギー効率要件を満たす必要があります。380V、50Hz、極数が2極、4極および6極、出力範囲0.75 kW~375 kWのモータが含まれます。本政策は2016年10月1日から実施されています。

    詳細はこちらをご覧ください。

    オーストラリア:スイミングプールポンプに関する協議
    機器エネルギー効率プログラム(The Equipment Energy Efficiency Program)では、居住用プールおよびスパのポンプのエネルギー消費の抑制を目的として、オーストラリアへの規則の導入を検討しています。

    詳細はこちらをご覧ください。もご覧ください。

    出版物
    世界エネルギー展望(World Energy Outlook2016
    国際エネルギー機関は、主要刊行物である世界エネルギー展望(World Energy Outlook)2016を2016年11月に公表しました。エネルギー効率の展望についての第7章では、性能のさらなる向上の可能性、様々なシナリオ、政策の推奨をはじめとする電動モータシステムの分析に重点が置かれています。

    詳細はこちらをご覧ください。

    概要をダウンロードする

    レポートを購入する


    4E EMSAモータ駆動ユニットの政策ガイドライン
    4E EMSAは、モータ駆動ユニットの政策ガイドラインの第1部を2016年10月に公表しました。本レポートでは、ポンプ、ファン、コンプレッサに重点を置きつつ、モータ駆動ユニット(MDU)に関する規制およびエネルギー効率規則の国際的整合性を高めるオプションを評価しています。政策の推奨に関する第2部は、2017年秋に公表予定です。

    詳細はwww.motorsystems.org/policy-publicationsをご覧ください。

    レポート全文

    概要


    以上、よろしくお願いいたします。

    Maarten van Werkhoven
    EMSA 運営エージェント

    TPA advisors
    Generaal Winkelmanlaan 31
    2111 WV Aerdenhout
    Netherlands
    +31 (0)23 536 80 90
    mvanwerkhoven@tpabv.nl


    Rita Werle
    EMSA コーディネーター

    Impact Energy Inc.
    Gessnerallee 38a
    8001 Zurich
    Switzerland
    +41 (0)44 226 20 10
    rita.werle@impact-energy.ch


    EMSAは、国際エネルギー機関における最終使用機器のエネルギー効率向上(4E)に関する実施協定のモータシステムアネックスです。現在、オーストラリア、オーストリア、デンマーク、オランダ、米国およびスイスが中心となって活動を進めており、カナダ、フランス、日本、韓国、スウェーデンおよびイギリスが他の4Eアネックスで活動しています。EMSAプログラムの第3フェーズは2017年10月まで実施中です。

    著作権について: 本ニュースレターを転載または引用される場合は、掲載文書の写しをご送付ください。

    今後本メールの受信を希望されない場合は、こちらをクリックunsubscribe hereして購読停止の手続きを行ってください。



    IEA 4E Electric Motor Systems Annex (EMSA)
    Gessnerallee 38a, 8001 Zurich, Switzerland, +41 (0)44 226 20 10
    info@motorsystems.org, www.motorsystems.org