メッセージが正しく表示されない場合は、こちら をクリックしてください。
load images
EMSA ニュースレター – チューリッヒ 2021年3月

ご購読者の皆さま

電気モータシステム分科会EMSA)ニュースレターの最新号をお届けします。
イベント
EEMODS2021会議。2022年5月3日~5日に延期

未だ継続するCovid-19による緊急事態の世界的な影響を考慮し、第12回「モータシステムのエネルギー効率に関する国際会議」は2022年5月3日~5日に延期となりました。開催場所は、シュトゥットガルト(ドイツ)です。

論文募集(CFP)を再開、2021年8月31日まで延長します。

会場の詳細情報はこちら:eemods22

eceeeデジタルサマースタディ「新たなる現実」

eceee 2021サマースタディ。今回は6月7日から11日までデジタル開催となります。Covid-19の発生以来の再出発として、エネルギー効率と充足がソリューションの一部として求められるすべての場面において、よりスマートに、グリーンに、そしてフェアな活動を進めていく機会に焦点を当てます。新たなる現実においても求められるのはエネルギー効率です。

詳細はこちら:eceee/summerstudy

2020年モータサミット

2020年11月18日~19日、モータサミットをオンラインイベントとして開催。各国の専門家によるプレゼンテーション27本が発表され、参加者は25か国から116名を数えました。本イベントのキーパートナーとして、EMSAの会員も最新の活動情報を提供しました。

プレゼンテーションとビデオはこちら:
ニュース
EMSA新ウェブサイト始動

電気モータシステム分科会(EMSA)、4E、他のアネックスの新ウェブサイトが完成しました。4E TCPは、情報交換や政策調整に対応する国際的なプラットフォームであり、主要経済国から計15の政府会員が参加しています。

新ウェブサイトはこちら: iea-4e/emsa

EMSAに新規加盟:ニュージーランド

2020年早々、欧州委員会の4E電気モータシステム分科会(EMSA)加盟をうけ、ニュージーランドも新たにEMSAに加盟。協力体制で電気モータシステムに関する政策や技術的課題の解決を目指します。EMSAは、新会員の加盟を歓迎いたします。

詳細はこちら

EMSAに新規加盟:ニュージーランド

電気モータの最低効率要件を定めた中国のGB18613-2020が2020年6月に発行されました。2021年7月より遵守義務が発生します。規制の対象となるのは、「汎用防爆モータ」や8極モータをはじめ、定格出力0.12 – 1000 kWの3相非同期モータ。最低要件は等級3(IE3相当)。超小型モータと小型単相モータには、それぞれ別の効率レベルが設定されています。

詳細はこちら

中国規制の最新情報 
  • サーキュレーター(EC 641/2009)。影響評価は継続中、規制監視委員会への提出は2021年第2四半期の予定。
  • ポンプ(EC 547/2012)。影響評価は継続中、規制監視委員会への提出は2021年第3四半期の予定。
  • ファン(EC 327/2011)。総局間協議は準備中。
  • エアーコンプレッサ。影響評価は最終段階。規制監視委員会への提出は2020年第4四半期を目指す。
詳細はこちら

「高エネルギー効率の電気モータ駆動システム、IEC / ISO規格適合への調整(CAISEMS)」

2020年11月(デジタル)に開催された高エネルギー効率の電気モータ駆動システム、IEC / ISO規格適合への調整(CAISEMS)に関するプロジェクト全体会議で、ISOとIECの複数専門委員会との共同ワーキンググループの設立に向けた準備作業を開始することが決定されました。次回のCAISEMS全体会議は、2021年3月30日の開催予定です。

詳細のお問い合わせは、Maarten van Werkhovenまで。
mvanwerkhoven@tpabv.nl 

プロジェクト概要ダウンロード
出版物
米国の産業用/商業用モータシステムの市場評価、第1巻:米国における設置台数の特徴

モータシステムのエネルギー節減効果を判定するにあたり大きな障害となるのは、データの不足です。本報告書が発表されるまで、米国の産業/商業施設におけるモータ駆動システムの現状に関する情報はありませんでした。これは、エネルギー節減効果に関する分析、エネルギーと生産性のギャップへの対処を可能にする技術開発、エネルギー効率の向上につながるプログラム開発などに限界が生じる原因となっていました。本報告書は、米国エネルギー省の依頼によりLBNLが作成したものです。第2巻と第3巻の「モータおよびドライブのサプライチェーンに関するレビュー」、「エネルギー節減の機会」は、2021年秋までに出版される予定です。

詳細はこちら

出版物のダウンロードはこちら

EMSA モータ駆動装置向け方針ガイドライン、トルコ語翻訳

2018年に発行された「4E EMSA モータ駆動装置向け方針ガイドライン - 第2部」のトルコ語翻訳が完成しました。この翻訳は、TEVMOT プロジェクト(トルコ中小企業における高エネルギー効率モータの普及)のパートナーとEMSAの協力により作成されました。ISO 50002に基づくエネルギー監査の段階に沿って、モータシステム監査で実行される組織的および技術的なタスクをはじめ、体系的で包括的な概要を説明する内容となっています。

ガイドのダウンロードはこちら

電気モータ駆動システムのデジタル化に関するEMSA調査報告書

本報告書は、産業界で使用される電気モータ駆動システムにデジタル技術が与える潜在的な影響に関するEMSA調査の結果をまとめたものです。現在、産業界では特に、スマートセンサー、スマートコントロール、連続モニタリングなどのデジタル技術をモータ駆動システムと組み合わせて使用しています。この3つの技術は、将来的なエネルギー節減効果にも大きな影響をもたらします。 

報告書のダウンロードはこちら

Topmotorsスイス市場レポート2020

「Topmotors市場レポート2020」は、2019年スイス市場における電気モータ、ポンプ、ファンの概況を紹介。本調査は、スイス連邦エネルギー局(SFOE)およびすべての利害関係者に、市場で販売されている電気モータ、ポンプ、ファンの数量および最低エネルギー要件の充足状況に関する情報を提供するものです。さらに、モータや周波数変換器の販売価格、高効率電気モータの入手可能性、EUの市場データなども調査の対象となっています。

市場レポート2020のダウンロードはこちら
すべてのマーケットレポートは こちら

TopmotorsファクトシートNo.31:軸受電流

可変周波数ドライブ(VFD)の使用により、多くの場合、電気モータ駆動システムのエネルギー消費は低減します。そのため、最近では負荷が変動する電気モータ駆動システムにはVFDを搭載するケースが増えています。しかし、VFDの使用により、電気モータに望ましくない軸受電流が発生、軸受の損傷や早期故障の原因となることがあります。最新のTopmotorsファクトシートは、軸受電流の検知と回避方法について、有用な情報を掲載しています。 

ファクトシートのダウンロードはこちら

ニュースレター担当

Maarten van Werkhoven
EMSA Operating Agent

TPA advisors
Aerdenhout
Netherlands
+31 (0)23 536 80 90
mvanwerkhoven@tpabv.nl


Rita Werle
EMSA Vice-Operating Agent

Impact Energy Inc.
Zurich
Switzerland
+41 (0)44 226 20 10
rita.werle@impact-energy.ch


EMSAは、国際エネルギー機関(IEA)が設立した4E(最終用途のエネルギー消費機器の高効率化)技術協力プログラムの電気モータシステム分科会です。現在EMSAでは、オーストラリア、オーストリア、デンマーク、欧州委員会、オランダ、ニュージーランド、スウェーデン、米国およびスイスが中心となって活動を進めており、他の4E分科会では、カナダ、中国、フランス、日本、韓国およびイギリスが活動しています。

著作権について:本ニュースレターの内容を転載または引用される場合は、掲載文書の写しをご送付くださいこちらより配信停止のお手続きをお願い致します。

本メールは、Global Motor Systems Networkにご登録いただいた方にお送りしています。(unknown@noemail.com)へのメール配信をご希望されない場合は、




IEA 4E Electric Motor Systems Annex (EMSA)
Gessnerallee 38a, 8001 Zurich, Switzerland, +41 (0)44 226 20 10
info@motorsystems.org, emsa