If this message is not displayed correctly, click here.
load images

EMSAニュースレター2014年第1号 - 2014年4月チューリッヒ

ご購読者の皆さま

モータシステムアネックス(EMSA)ニュースレターの最新号をお届けします。本ニュースレターの購読者数は着実に増えており、現在世界74ヶ国の 3,915人の方々にご覧いただいています。本ニュースレターに関する皆さまの貴重なご意見をお寄せください。また、 モータシステムフォーラムでの専門家のディスカッションにもぜひご参加ください。

To see the English version of the EMSA newsletter, click here

Events
 

モータサミット2014107日~9日、チューリッヒスイス
「第5回モータサミット」が、2014年10月7日~9日にチューリッヒ(スイス)で開催されます。仮プログラムと登録は、www.motorsummit.chをご覧ください。


eceee産業夏季研究:201462日~5日、アルンヘム(オランダ)
「第2回eceee産業夏季研究」が、2014年6月2日~5日にアルンヘム(オランダ)で開催されます。登録および詳細は、www.eceee.org/industryをご覧ください。


 

モータサミット中国
「第1回モータサミット中国」が、2014年6月に北京にて、Top10 Chinaの主催、中国工業省エネルギー・クリーナープロダクション協会(CIEECCPA)および中国工業情報化部(MIIT)の協賛で開催されます。詳細は、Ms. Yi Shui(yi.shui@top10.cn)までお問い合わせください。

Standards & regulations
 

IEC 60034-30-11.0版が公表される
2014年3月6日、ライン運転ACモータ効率クラスを規定する新たな規格であるIEC 60034-30-1が公表されました。このIEコードには、IE4スーパープレミアム効率モータと、50 Hzおよび60 Hzで出力範囲0.12 kW から1,000 kWの8極モータが含まれており、現在は廃止されているIEC 60034-30の2008版に代わるものです。可変周波数供給用の定格モータの効率クラスを規定するIEC 60034-30-2も間もなく公表予定です。
IEC 60034-30-1
を購入する(英語/フランス語、ハードコピーまたはpdf)

IEC/TS 60034-2-31.0版が公表される
2013年11月、技術仕様書IEC 60034-2-3 "Specific test methods for determining losses and efficiency of converter-fed AC induction motors(コンバータ駆動AC誘導モータの損失および効率を求めるための特定試験方法)"が公表されました。この仕様書では、モータにおける追加高周波損失を測定するための基準コンバータの概念について説明しています。規格を購入する

試験規格IEC 60034-2-1の改正が間もなく完了IEC 60034-2-1の最終国際規格案が、編集に関するコメントの受け付けを2014年5月2日まで行い、その後間もなく公表される予定です。定格出力が最大2 MWの三相モータに対して、試験方法2-1-1B:分離損失の和と、残留損の試験方法により測定される追加の負荷損失について規定しています。規格案を閲覧されたい場合は、IEC国内委員会までお問い合わせください。www.iec.ch



抜け穴が塞がる:エコデザイン規則第640/2009号を改正
欧州委員会は、一部のメーカーが規則第640号の適用外と見なしていたモータに対する抜け穴を塞ぎました。2014年1月6日付けの新たな規則第4/2014号は、既存の規則(EC)第640/2009号:第1条を正式に改正するもので、モータのエコデザインに関する要求事項を規定しています。ただし、以下の環境のみで動作するよう指定されたモータは除きます。

  • 海抜4,000メートルを超える高度
  • 周囲温度が60°Cを超える場所
  • 最大動作温度が400°Cを超える場合
  • すべてのモータについて、周囲温度が-30°Cを下回るか、水冷式モータの場合は0°Cを下回る場所
  • 製品入口の冷却水温度が0°Cを下回るか32°Cを超える場所
  • 爆発の可能性のある環境
規則を参照する


米国が規則を改訂
エネルギー省が以下を公表しました。

  • 2013年12月6日付けのモータの省エネルギー規格に対するルール設定に関する告示。これにより、現在対象となっているモータの適用範囲が拡大。
  • 2013年12月13日付けの、モータの試験手順に関する最終規則。これにより、対象とされるすべてのモータの試験が可能に。
  • 商業用および工業用のエアコンプレッサファンと送風機およびポンプの省エネルギー規格に関する枠組み文書が入手可能になっています。
すべてのルール設定に関する概要


中国における新たな規格
中国では、以下の新たな規格が2013年12月18日に公表され、2014年9月1日に発効します。

  • GB 30254-2013 「かご形三相高圧誘導モータのエネルギー効率およびエネルギー効率等級の最小許容値」
  • GB 30253-2013 「永久磁石同期モータのエネルギー効率およびエネルギー効率等級の最小許容値」

News
 
モータシステム全体に目を向けることで初めて、大幅な省エネルギーを実現する準備が整います!

EMSAでは、モータシステムとその主要なコンポーネントを、電気的および機械的な面で明確かつ一般的に定義することを提案しています。最大の省エネは常に、モータシステム全体が最適化された場合に達成されます。規制機関にとっては、モータ、VFDおよび用途を含めたモータ駆動ユニットが基準となります。次世代のIEC規格では、IEC 61800-9において計画されているように、モータとVFDを合致させることが役割となります。
モータシステムとモータ駆動ユニットの定義に関する詳細は、EMSA insights no 1をご覧ください。


モータシステムツール、バージョン2.13.20
以下の機能を盛り込んだ、モータシステムツールの新バージョンが利用可能になっています。

  • 最新のモータ、可変速ドライブ、ギアモデル
  • 永久磁石モータのニューモデル
  • ユーザー定義負荷(単一負荷ポイントまたは完全な負荷プロファイルのいずれか)
www.motorsystems.org/motor-systems-toolから無料でダウンロードできます。


SEAD世界モータ効率賞コンクール
高効率モータの各メーカーが、SEAD世界モータ効率賞コンクールに各自の優秀な製品を出品しています。
この世界的なコンクールは、世界で最も高効率な製品を特定するもので、各サイズのカテゴリーで最も優秀なIECおよびNEMA適合の誘導モータや、エネルギー消費量の削減能力が最も高い新技術のモータの認定が行われます。SEADでは、4つの地域別の受賞者と、モータカテゴリーごとの世界全体での受賞者を認定します。現在、出品されたモータの公称効率について米国カロライナ州ローリーの試験研究所で検査が行われているところで、受賞者はチューリッヒでのモータサミット2014で紹介される予定です。
詳細は、www.superefficient.org/MotorAwardsをご覧ください。


IHS市場報告書が近々公表予定
HISでは、「2014年低圧モータ研究」に対する調査を開始しており、8月に公表を予定しています。また、IE4モータに関する専用の報告も行い、市場のこの成長セグメントについての見通しを示す予定です。詳細は、HISのアナリスト、Mark Meza氏( mark.meza@ihs.com)までお問い合わせください。


EEMODS'13予稿集
2013年10月28日~30日にリオデジャネイロ(ブラジル)で開催された、「第8回モータシステムのエネルギー効率に関する国際会議 EEMODS'13」の論文およびプレゼンテーションをオンラインでご覧いただけます。
EMSAでは、同会議で複数のプレゼンテーションを行いました。EMSAのすべての論文は、www.motorsystems.org/calendarからオンラインでご覧いただけます。


Bright Spark
最終使用機器のエネルギー効率向上(4E)に関する実施協定のあらゆる活動、および国際的なエネルギー効率の取り組みに関する最新の情報をご提供する季刊ニュースレター、Bright Sparkは、www.iea-4e.org/bright-spark-newsletterから会員登録すると無料で購読できます。



スイス、チューリッヒ

Rita Werle & Conrad U. Brunner

EMSAコーディネーター、運営エージェント


EMSAは、国際エネルギー機関における最終使用機器のエネルギー効率向上(4Eに関する実施協定のモータシステムアネックスです。現在、オーストラリア、オーストリア、デンマーク、オランダ、米国およびスイスが中心となって活動を進めており、カナダ、フランス、日本、韓国、スウェーデンおよびイギリスが他の4Eアネックスで活動しています。
EMSAプログラムの第2フェーズは2014年まで実施中です。
著作権について©:本ニュースレターを転載または引用される場合は、掲載文書の写しをご送付ください。
本ニュースレターの購読を中止される場合は、こちらをクリックして手続きを行ってください。


A+B International, Gessnerallee 38a, 8001 Zurich, Tel. 044 226 30 70, japan@topmotors.ch